富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

乳歯から永久歯への生えかわり

こんにちは!仙台市太白区大野田、とみざわ駅前歯科院長の相澤です。

今回の歯の豆知識は『乳歯から永久歯への生えかわり』について、説明させていただきます。

一般的には乳歯は6歳くらいから順々に抜け、永久歯に生え変わります。

12歳を過ぎた時期に、すべての歯が永久歯になる事が多いです。

もちろん1〜2年程度早い、あるいは遅いなどの個人差はありますが、もちろん問題はありません。

大抵は下の前歯から生え変わりは始まります。
その際、歯の内側であったり舌側から頭が見えてきた!と相談を受けることが多いです。
あるいは、乳歯が残っているのに永久歯が出てきたという内容でもあります。

「早く抜いたほうがいいですか?」
という質問に

「この時期では、まだ抜く必要はありません」
とお答えすることが多いです。

実は下の前歯の生え変わりにおいては、永久歯が内側から出て来る事は多いのです。
その理由として・・・

①乳歯に比べ永久歯は大きさが大きい。特に前歯は歯の幅がある。
②顎などの骨格の成長はこれからなので、歯が頭を出せるスペースが不足している。

ということが挙げられます。

慌てなくても、今後の顎の成長次第では綺麗に並ぶことが十分期待できます。
その判断はもう少し先の時期になってからになります。

問題のない生え変わりなのか?
その判断の簡単な目安としては、乳歯がグラグラしてきているかです。
グラついているということは、きちんと、乳歯の根っこ(歯根)が吸収しているということです。

わかりやすく、イメージしやすいよう、説明しますと・・・

乳歯は抜ける時期になると、下から上がってくる永久歯に根っこを溶かされます。
根っこが溶かされて短くなり、だんだんとぐらつきが出てきます。
根っこがほとんど無くなるとその真下には永久歯が控えている状態です。

これから頭を出して、長い期間頑張ろう!としている永久歯が乳歯に負ける事はあまりないのです。
だからこの時期の生え変わりとして急いで乳歯を抜く必要はほとんどないのです。

ただ、例外として、乳歯が大きな虫歯になっている場合は別です。
大きな虫歯になると、神経に細菌が入ってしまい、根っこの先で膿を持つことがあります。
それは乳歯でも永久歯でも同じです。

生え変わりの時期に膿を持っている状態だと永久歯がそこを避けるように伸びることがあります。
そのために、向きが曲がって生えてきたり、横を向いて出てくることはあります。
必ずではないですが、その場合には適切な時期に乳歯を抜いたほうがいいこともあります。

気になった場合はお気軽にご相談ください。

インドアビュー