富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

歯の型取りが苦手な方

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市太白区とみざわ駅前歯科をいつもご利用いただきありがとうございます!

歯医者さんで治療をする時、「苦手だな~」と思う事って誰でもあると思います。例えば・・麻酔、削っているキーンという音、歯を削られる音、歯を抜いているときの音、歯医者さんのにおい、お水が口に溜まって苦しくなること・・・など治療に入る前に患者さんに聞いてみるとこのように色々とみなさん苦手のようです。そして私が仕事をしていて大変だな・・何とかしてあげたいと思ったのが「歯の型取りが苦手な方」です。嘔吐反射が激しい方ですね。

※嘔吐反射(おうとはんしゃ)・・口の奥の方に指やハブラシなどを入れると、オエッと吐きそうになる反射をいいます。

歯の治療をするために時には歯の型取りをしないといけなくなります。なかなかうまく型取りできないと精度の低い仕上がりになってしまいます・・・。型取りをするのが苦手な方に少しでも楽になる方法を今日は紹介したいと思います!

型取りの大切さ

まずは歯科治療での型取りの大切さについて学びましょう。虫歯がある程度大きくなってしまうと、麻酔をして虫歯を削りとり、詰め物をはめ込む治療が必要になります。神経を取った歯であれば歯を補強するために土台が必要なったり、被せ物をするためにも型取りは必ず必要になります。入れ歯を作るのにも型取りはひつようですね!!歯の詰め物や被せ物や入れ歯は既製品がないので全部オーダーメイドです。なので1人1人に合った物を作るためにも精密な型取りが必要になるのです。

型取りをしたらその型に石膏を流し込み、固まったら外して石膏模型を作成します!その模型をもとに歯科技工士さんが詰め物や被せ物や入れ歯を作ります!なので型取りがちゃんと出来ていないとキレイな石膏模型が作れないので、技工士さんが模型に合わせてピッタリ作っても、実際に口の中に入れてみると合わない事があります。

なので型取りは慎重に丁寧に行っていきます。時には何回かやり直しさせていただくこともありますが、ピッタリのものを作るためなのでご協力お願いします(ToT)/もちろん1回で成功できるように日々練習しています!

型取りが苦手な方

さて、歯の治療では型取りが大切な事は十分理解していても、苦手なものは苦手だ!という方は次の方法を試してみて下さい。

・最初にゆっくり深呼吸しましょう

・型取りの直前にお水を少し飲みましょう

・型取りの材料が口の中に入ったら顎を引いて下を向きましょう

・口で息をしようとせず、鼻で呼吸してください

 

型取りを行う術者も、椅子を起こした状態で行うことや早く固まるように材料を調整したりしてなるべく苦しくならないように配慮はします(*^^*)

型取りが上手くできないので迷惑をかけてしまうなんて思わずに相談してくださいね!!そして大切なのは・・・虫歯や歯周病にならないように(型取りが必要な治療にならないように)定期的にメンテナンスに通う事です!!

 

 

 

インドアビュー