富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

★歯科衛生士のおしごと★

こんにちは♪ とみざわ駅前歯科サポーターの西田でっす😄

梅雨明け待ち遠しい今日この頃。西田の髪は今日もうねっております😂

約30年ぶりくらいにバッサリと髪を切り、違和感に落ち込んでいましたが、とみざわ駅前歯科の小野さんが褒めてくれました✨ 小野さんは間違いなくいい子です笑

 

 

 

さて、今日は『歯科衛生士』のお仕事についてお伝えしたいと思います!

正直、私が学生の頃、将来の夢とか職業選択において歯科衛生士という道を考えもしなかったですし、よく知らなかったです。

 

今、この歯科の世界に入り、身近で歯科衛生士の仕事を見ていて、本当に素晴らしく尊敬できる職業だと感じています。だから、一番大切な我が子の進路として歯科衛生士の道を進めました。

 

『歯科衛生士』wikipediaより

歯科予防処置、歯科診療補助および歯科保健指導等を行う歯科医療職(

・メディカルコ・デンタル)である。

歯科衛生士は1948年(昭和23年)制定の歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格となっており、免許状には、厚生労働大臣名が記載されている。歯科医師の指示の下、歯科予防処置、歯科診療補助および歯科衛生指導等を行う。現実的には、薬物の塗布、沈着物の除去、診療報酬の点数計算が主な業務内容となっている。

 

歯科保健の充実を求めた戦後の日本で登場した「歯科衛生士」という職業は、これからの時代、ますます大切な存在になっていきます。

 

今、国会で議論されている「国民皆歯科健診」の話題の中にも、歯周病と全身疾患に与える影響の大きさやオーラルフレイル(健康と要介護の間には、筋力や心身の活力が低下する「フレイル」と呼ばれる段階があり、その手前で、“オーラルフレイル”(ささいな口の機能の衰え)の症状は現れます。)への関心が高まり、お口の健康が将来の健康状態、介護状態につながるものだということは有名になってきました。

国民の歯科健診、メンテナンスの実施が当たり前となれば、日本の医療費予算は大幅に削減できると信じています。

 

その、大事な部分を担うのが『歯科衛生士』なのです❗️

 

歯科衛生士養成校(専門学校、短大、大学)は全国にありますが、宮城県内には4校あります。

仙台青葉学院短期大学歯科衛生学科

仙台保健福祉専門学校歯科衛生科

専門学校宮城高等歯科衛生士学院

東北保健医療専門学校歯科衛生士科

(五十音順)

 

どの学校も高いレベルの教育をされていて、うちに来てくれる実習生や卒業生はみな優秀で一生懸命です!

 

歯科衛生士という職業を多くの学生さんや保護者の方々、高校の先生などに知って頂きたいです。

これからの時代の健康を守る『歯科衛生士』を目指す方が増えることを願っております♬

 

そして、青葉会で働いてくださいね〜🤗お待ちしてまーす

インドアビュー