富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

除去?

こんにちは!仙台市太白区大野田、とみざわ駅前歯科院長の相澤です。

さて今回の歯の豆知識、『除去』について説明させてもらいます。

われわれの仕事の中で除去とは?

歯の詰め物、かぶせもの、土台を外す処置を示します。
抜歯とは違います。神経を抜く処置とも違います。

では、どんな時に行うのか?
大きく分けると
・詰め物、被せ物、土台の中で虫歯がある時
・根の中の再治療を行う時(根っこの先に膿が溜まってしまった場合)
になります。

除去の対象は金属だけでなく、セラミック、プラスチックの材料のことももちろんあります。

歯科は残念ながら再治療との戦いと言われ、詰め物や被せ物を外す処置は多いのです。
ちなみにですが、なぜ再治療が多いのか?
それはプラスチックにしても金属にしても、人工物です。
虫歯を取って形を整えた歯に、接着剤を使って着けるためです。
接着剤も年々、技術の進歩により性能は上がってきています。
自分が学生の頃とは正直別物といった感触があります。
それでも経年的な劣化であったり、咬む力が加わり続け、接着力が低下した際には取れてしまうこともあります。

また、神経の処置後、根っこの中を完全に無菌化することは難しく、時間が経過したり、免疫力が低下した場合に根っこの先の炎症が再発し、症状を出すのです。

さて、『除去』という処置の実際ですが、プラスチックはそのまま削って取りきることが多いです。
金属は、歯との境目に溝をほり、そこにドライバー上の細い器具を差し込んで、テコの原理で緩めます。

これが意外と大変です。
我々も大変に感じることがありますが、患者さんご自身が大変なのです。
経験されたことのある方も多いかと思いますが、金属を削る場合かなり響きます。
歯科で使う金属は固いのです。
神経をとった歯であればしみるような、神経に触るような痛みはありません。
ただ、神経をとってある歯の場合はかぶせものにするために土台が入っています。
大抵の場合はその土台も金属です。

神経をとってある歯は歯自体がもろくなっているので、テコの原理で外せないこともあります。
少しずつ削って取りきるのです。

ちなみに・・・
あまりに簡単に取れすぎると・・・
根っこにひび割れがあることを疑わなければなりません。

ひび割れの入ってしまった根っこは残念なら抜歯という治療法しか残されていないことがほとんどです。
ですので歯のかぶせもの、特に根っこの土台を外す処置の際は、ドキドキしながら慎重に行うのです。

インドアビュー