富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

歯科治療と全身疾患①

こんにちは!
仙台市太白区大野田とみざわ駅前歯科、院長の相澤です。

歯の豆知識ですが、今回から「歯科治療と全身疾患」について説明させていただきます。

全身疾患がある方の治療の場合、我々歯科医療に従事するものとして、患者さんの健康状態を把握することは非常に重要です。

前回の歯の豆知識で説明した妊娠中、授乳中にも注意すべきことは多くありますが、もちろんそれだけではありません。

治療に関わることで、代表的なものは、糖尿病、高血圧症、心臓疾患、脳疾患、血液疾患、精神疾患などになります。

「口腔は全身の鏡」という言葉があります。
全身の健康状態は口腔の健康に、また口腔の状態は全身の健康に大きく関係しているということです。

治療で用いる麻酔薬が問題なく使える健康状態か、治療時に処方する飲み薬が問題ないかなどを知る必要があるのです。

それ以外にも、虫歯や歯周病などの症状がお口の中に現れる病気もあります。

ですので、みなさんに記入していただいている問診票(診療申込書)は、安全・安心な歯科治療を提供するために必須です。

たとえば、どのような薬を飲んでいるのか、すべての種類を名前まででしっかり覚えている方はそう多くはないと思います。

3種類以上になると、なおさらです。

今は似たような名前の薬も多く、覚えにくいものです。

ですので、調剤薬局などで記入を受けた「お薬手帳」で確認させてもらうことが、お互いに間違いがなく、安心です。

手帳を確認し、注意すべき薬の代表的なものを説明していきます。

①血液をサラサラにする薬、血を固まりにくくする薬
抜歯などの外科処置時、止血が困難な場合があります

②ステロイド(副腎皮質ホルモン)
感染が起こりやすかったり、治療後の治癒が悪いことがあります

③向精神薬
口腔乾燥の原因になったり、治療で用いる局所麻酔薬中のアドレナリンによる血圧の変化が起きやすい

④降圧薬、抗不整脈薬
治療で用いる局所麻酔薬中のアドレナリンによる血圧の変化が起きやすい

⑤骨粗鬆症の治療薬(BP製剤)
顎骨の壊死を引き起こすことがあるため注意が必要

等が挙げられます。

他にも、糖尿病は歯周病の病状に大きな影響を与えること、歯周病の病状が糖尿病の病状に影響することがわかっています。
糖尿病連携手帳などをお持ちの方は、ぜひ持参していただき、現在の数値などを確認させていただくと治療をすすめる上で参考になります。

次回以降、具体的にどのようなことに気をつけるのか、説明をさせていただきます。

インドアビュー