富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

ブラッシング時の出血について

 

こんにちは♪

仙台市太白区大野田にあるとみざわ駅前歯科、保育士の佐藤です!

 

さて、今回は歯磨きでの出血についてお話しさせて頂きます。

歯を磨いた時、出血した事がある人は多いのではないでしょうか?

歯磨きの途中に口内から出血すること、よくありますよね。中には「痛みも感じる。」という方もいらっしゃいますが、何も感じないのに、出血していることもあるでしょう。

そのため、「出血を見るたびに歯茎が弱っているのか心配になります。」というお声をよく耳にします。

この出血は、歯茎が炎症を起こして充血(局所的に動脈血が増加した状態)またはうっ血(血液の流れが悪くなり滞っている状態)しているから起こります。

血が出て、それを恐がって磨かない、というままでは良くならないので(そういう人が多いかと思います。)出血しても、痛みが無ければ、恐がらずに丁寧に磨きましょう!!

ただ…血を早く出すために、ゴシゴシと磨きすぎてしまうのはよくありません!!炎症をおこして弱っている歯茎には優しくが基本です!!プラーク(細菌)がなくなれば、自然と血液の状態は元に戻りますので、まずは丁寧なブラッシングを心がけることです(*^^*)

歯茎は炎症時には、血流量が10倍以上に増加しています。炎症を起こす元々の原因は、プラーク(歯垢)という細菌の存在です!!血液は、それがあるところへ集まってきて細菌と戦ってくれているのです。

歯ぐきからの出血は、炎症での出血か、傷での出血かを判断しなければなりません。

腫れて充血している歯茎は、傷つきやすいので、なるべくやわらかい歯ブラシを使い、痛くない程度にやさしくブラッシングするといいでしょう☆できれば歯と歯の間をケアするデンタルフロスなどの補助用具も、使っていくこともおすすめします。

しかしながら、たまに歯茎に傷を作って血が出ている人もいます。

磨いているのに、なかなか出血がおさまらないというときは、そのまま続けて磨くのではなく、傷がないかどうか歯医者さんで診てもらうのも大切な事です!

口内の出血や痛みの原因はさまざまです。普段口の中を目にすることが少ないため、血が出ていたり、痛みを感じたりしても軽視しがちです。しかし、原因が分かれば歯茎を元気な状態に戻すことができます。そのため、ご自身の出血・痛みの原因は何なのか?歯科医院で確かめてみると良いですよ。歯は一生ものですので、大切にしてくださいね(^_^)v

インドアビュー