富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

口角切れて治らない👄

こんにちは😃

仙台市太白区とみざわ駅前歯科、歯科衛生士の加藤です!

朝がたはまだまだ寒さが続きますね!

乾燥が気になりますね!誰しもが口角が切れたことが一度はあると思います。

私は口角炎がなかなか治りません!

治りが遅い口角炎の原因は?

・カンジダ(カビの仲間)感染
・ブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌感染
・ビタミンB2・B6、鉄分の欠乏
・アトピー性皮膚炎、食物などによる接触性皮膚炎
・長期の薬剤使用や化粧品によるかぶれ…などがあります。

かなり痛みを伴う口内炎、口角炎。なかなか治らない・・・、なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

症状によっては自然に治るまで待っている方がほとんどかもしれません。しかし、実は口角炎や口内炎の原因は口の中のカビ菌が原因である可能性があります。カンジダ菌と呼ばれるカビ菌の一種は口の中にいる常在菌の一つで通常は悪さをせず問題はありません。
しかし、寝不足などでの疲労蓄積などでの体の疲労やストレスにより免疫力が低下してしまうことで、口角炎になってしまいます。

主にストレス・疲労・生活リズムの乱れ・その他の病気を患っている時などは免疫力が低下しているので、気を付けるように。特にビタミンには、皮膚の状態を健康に保つ効果がある為、不足させないように気をつけましょう!

口角炎の症状は

・口角が切れたり、赤く炎症を起こす
・口角の亀裂で痛みがある
・びらんや腫れ、出血を伴う。
・炎症部分が腫れる
・皮膚が切れる時に出血がある
・食べたものが触れたり、しみたりして痛みが起こる
・症状が進行するとかさぶたができる
かさぶたになったら、なるべく大きく口を開けない、舌で触らないなど注意が必要。
数日程度で治る場合が大半だが、一度かかると再発しやすくなることがあります。

きになる対処方法は

自身でできる対処法
・口を大きく開けない、舌で患部を触らない、ぬぐいすぎないようにする。
・室内を乾燥させないようにする。

治療方法
・軽症の際は、患部を清潔にして、ワセリンなどの保湿剤で対処することが多い。ただし、炎症を起こしている場合はステロイド剤が処方されることも。
・細菌が原因で発症した場合は、抗生物質の軟膏やビタミン剤の内服、カンジダなどの真菌が原因であれば抗真菌剤の塗り薬が処方される場合があり。

乾燥かなぁと思いきや体調の変化によることもあるので皆さん体調に気を付けて口角炎を予防しましょう!

インドアビュー