富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

タバコの害

こんにちは。歯科衛生士の水野です。

梅雨に入り、蒸し蒸しとした日が続きますね。家の中や洗濯物もジメジメ💦

梅雨の晴れ間には、我が家の洗濯機は朝からフル回転です。

 

***************

 

さて、今回はタバコの害についてです。

みなさんは、タバコがお口の健康にもよくない事をご存知ですか?

喫煙は歯周病のリスクを高めます。

喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病にかかりやすく、重症化しやすいことが分かっています。

とあるデータによると、歯周病にかかる危険は110本以上喫煙すると5.4倍、10年以上喫煙していると4.3倍にもなると言われております。

反対に、禁煙することによって、歯周病になるリスクが下がり、さらに歯周病の治療効果が上がることも期待されます。

 

タバコにはニコチン・タール・一酸化炭素をはじめ400種類以上の有害物質が含まれています。

タバコの煙が最初に通過する口は、喫煙の悪影響をじかに受けます。タバコの三大有害物質は、「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」です。

ニコチンは依存性が高く、禁煙しようと思ってもなかなかやめられないのはこれが原因です。タールはいわゆる「ヤニ」で強い発がん性があります。
タバコを吸っていると家の壁が黄ばんだりベタベタしたりするのは、タールのせいです。
またタバコは一酸化炭素が発生します。一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと非常に強く結びつきます。
普通ならヘモグロビンは酸素と結びついて体中に酸素を運搬する働きをするのですが、一酸化炭素と結びつくと体への酸素供給が妨げられます。

 

では、このように身体に様々な害があるタバコは口腔内にどのような影響があるのでしょうか?

 

汚れがつきやすくなる
唾液が減少することやタバコのヤニがつくことで歯の表面に汚れが付着しやすくなります。

口臭がひどくなる
タバコの独特なニオイに歯周病が加わると口臭がひどくなります。

歯ぐきが黒くなる
タバコによってビタミンCが破壊され、歯ぐきにメラニン色素が沈着し歯ぐきが黒くなります。

粘膜の病気や口腔ガンのリスクが高まる
タバコの有害物質が作用して口腔内のガンが引き起こされやすくなります。

歯ぐきの炎症がわかりにくくなる
これは歯ぐきが線維化してしまうからです。喫煙することで歯ぐきの中の血管に酸素が供給されにくくなってしまいます。歯ぐきの炎症がわかりにくくなると歯周病の初期症状に気づきにくくなります。

歯周病を進行させる
ニコチンや一酸化炭素の影響で血行不良・免疫力の低下が起こり、歯周病を進行させやすくなります。

歯周病が治りにくい
ニコチンは体を守る免疫機能を低下させます。
病気に対する抵抗力が落ちさらに傷を治そうとする組織の働きが抑制されて、歯周病の治療をしても非喫煙者に比べ治りが悪く、歯周病の再発リスクが高いです。

 

 

全身的な影響、受動喫煙のリスク考えても、禁煙されることをおすすめします。
また、喫煙者の方は自覚症状が無くても、歯周炎が進行している可能性があります。是非一度かかりつけの歯科医院にて歯周病の検査をしてみてはいかがでしょうか。

インドアビュー