富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

歯にいいもの🦷

こんにちは🌞

仙台市太白区とみざわ駅前歯科、歯科衛生士の加藤です!毎日毎日暑い日が続いて水分補給が欠かせないですね!

ジュースやスポーツドリンクはおいしいですがわたしは、健康のために水やお茶、炭酸水を飲むように心がけています!

そこで歯にいいものを調べてみました!

虫歯になる原因は、酸によって歯が溶かされるからです。虫歯菌が糖を分解して作る酸が原因で、甘い食べ物や飲み物は基本的に「糖質」が多いため、虫歯になりやすいというわけです。
逆に言えば、歯が溶けないように健康に保つことが虫歯予防につながります。歯磨きを心掛けることは大切ですが、今回は虫歯予防につながる食べ物や飲み物についてご紹介します。

まず、歯を健康に保つためには、どういった栄養素が必要か考えてみましょう。
歯の原料となる「カルシウム」、歯の表面を覆うエナメル質を強化する「ビタミンA」、歯の主体となる象牙質を作る「ビタミンC」、歯磨き粉などにも使われ、飲み物にも含まれるものがある「フッ素」などが必要な栄養素としてあげられます。

例えば、
カルシウム(歯の材料)
→乳製品(ヨーグルトやチーズなど)、小魚、大豆、ひじき、ごま、小松菜など
ビタミンA(エナメル質を強化)
→かぼちゃ、人参、レバー、卵、うなぎ、ほうれん草など
ビタミンC(象牙質をつくる)
→レモン、みかん、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、じゃがいもなど
フッ素(歯を強化する)
→わかめ、のり、紅茶、緑茶など
これらの食べ物を摂ることが、歯の健康につながっていくので日々の生活の中で積極的にとっていくと良いですね。

暑い季節になってくると、炭酸飲料や清涼飲料水を口にする機会が増えてくると思います。ラベルをよくご覧になると意外に糖分が多く含まれているものが多いです。スポーツドリンクは糖分が多いので、日常的に摂取しすぎないようにしていくといいと思います。

次に、虫歯になりにくい食事のとり方についてご紹介します。
食べ物を摂取するときに気をつけるポイントをおさえておけば、虫歯を事前に防ぐことができます。虫歯になりにくい食事のとり方や虫歯になりにくいおやつの選び方や食べ方をご紹介していきます。日常生活にすぐ取り入られることができるもの多いので、できる範囲で習慣づけしていきましょう。

1. 歯に悪い食べ物を食べすぎない
砂糖を多く含む食べ物や飲み物は、虫歯になりやすくなります。歯にひっつく食べ物として、キャラメルやチョコレート砂糖入りガムやスナック菓子のとりすぎには気をつけましょう。
2. 寝る30分前は飲食を控える
寝ている時は、唾液の分泌が減ってしまい口の中が乾燥しやすいため歯垢がつきやすくなります。寝る前に歯磨きと歯と歯の間の歯垢を補助用具で落とすことによって虫歯を予防できます。歯垢が残っていると虫歯菌のえさになりやすいので少なくとも寝る30分前は飲食を控えたほうがいいです。
3. 虫歯になりにくいおやつの選び方、食べ方
虫歯になりにくいおやつの条件は、歯にひっつかないもの、よく噛んで食べられるもの、酸が作れないものなどです。例えば、歯にくっつかないものは、バニラアイスやプレーンヨーグルトなど、よく噛んで食べられるものには、するめいかやフルーツ、食べても酸を作ることができないナッツ類やチーズなどがあります。できるだけ、おやつの時間を決めて、だらだらと食べないようにしましょう。食べ終わったら、うがいや歯磨きをして予防しましょう。

虫歯を予防していく食事以外の方法をご紹介します!
1. 食後はすぐに歯磨きする
食事後は、歯で細かくされた食べ物が口の中に残ってしまいます。これが歯垢といわれるもので、虫歯の原因となります。そのため、食後は歯磨きで歯垢を取り除きましょう。

2. デンタルフロスなどを使って歯の汚れを残さない
虫歯の90%は歯と歯の間にできるといわれています。歯磨きの際にデンタルフロスなどの補助用具を使用して歯垢を残さないようにしてください。

3. 歯医者でクリーニングやフッ素塗布をする
歯磨きでは磨きにくい場所があるため、どうしてもご自分で細かい汚れはとれません。そのため、定期的に歯医者へ行ってクリーニングをしてもらいましょう。また、虫歯菌の活動をおさえて歯を強くするフッ素塗布もおすすめです。定期的に歯医者へ通って虫歯予防をしましょう。

インドアビュー