富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

根管治療は根気よく

九州出身、事務局の高橋です。

 

仙台育英高校が甲子園優勝しましたね。

おめでとうございます!

東北勢として初めての優勝だったんですね。

ずっとニュース等で「白河越え」連呼していたので、何のことだろう?と思っていました。

優勝当日、家に帰ってから旦那さんに「東北勢初の優勝だからだよ〜」と言われて、びっくりしました。

有名な高校だから、もう何度も優勝していると思っていました・・・

おめでとうございます!!

 

そんなわけで「歯根嚢胞」の治療で「根管治療」をすることになりました。

その膿疱がかなり大きくて、ちゃんと小さくなってくれるか、何ヶ月かかるのか・・・

そんなわけで、まず、以前治療した時に被せた被せ物をとるのですが、
その歯の神経は取っていても、周りの神経は当然生きているので、
治療中、痛み出るかもしれないからと、しっかり麻酔してくれました。

もちろん、麻酔注射の前にも表面麻酔(?)してくれるので、全く痛くありませんでした。

注射嫌いじゃないけど、痛くないのは嬉しい♪

しっかり麻酔してくれているので、被せ物を削るときも、
以前詰めていた物を削るときも痛くありませんでした〜♪

むしろ辛いのは、針のような細長いドリルのような器具で、古いお薬(充填剤)を取り除くのですが、
その器具が3cmくらい(?)の長さなので、先生の手を口の中に入れて、根管の中でそれをぐりぐりして取り除いていくのですが、

その治療するのが奥歯なので、その間ず〜〜〜〜〜〜〜っと口を開け続けなければならないこと・・・

「顎が外れる〜〜」

「顎関節症が再発しそうだ〜〜」

とか思いながら、治療を受けていました・・・

とりあえず、その日の治療は終わって、

「仮で蓋をしてあるので、硬い物を食べるのは控えるように」

お昼ちょっと前だったので、

「まだ麻酔が効いていると思うのでお昼ごはん気をつけて食べてくださいね」

と声をかけてもらいつつ、

あまり硬い物を控えることを気にせず、次回の予約をして帰りました。

結局、お昼ごはんは面倒くさがって、アイス〜♪(30度超えて暑かったからね♪)

そして、晩御飯に安かったからとステーキ肉を買って帰りました。

 

で、麻酔が切れてきたら、痛い・・・

今まで根管治療を受けた時、痛いことは全くなかったのに、痛い!

 

とりあえず、夕方になってお腹が空いてきたので晩ごはんです!

でも、今日の晩ごはんは予定通り、ステーキ!

ちょっと今のこのお口の状態に対しては硬い物だよね!

根管治療している方の歯では、ちょっと噛むと痛くて食べれないわ!

反対側でばっかり食べてるとまた顎関節症になりそうだわ!

とか思いつつ、とりあえず食べ終わって、またアイス・・・

 

とりあえず、今は我慢できる痛さだけど、これ以上痛くなると寝れないかもしれないと思って、痛み止めを飲みました。

 

が、この痛み止めが効いてくる前に寝ちゃいましたが・・・

翌朝起きると、顔が腫れている・・・
もちろん、痛い・・・

とりあえずそのまま仕事に行って、事務局の近くには、とみざわ駅前歯科の本院である、かさはら歯科医院があるので、それとなく聞いてみました。

すると、3・4日経つと痛みが引いてくると・・・
その歯そのものが痛いのではなく、歯の周りの組織の炎症のせいで歯の周囲の神経が反応して痛いのだと・・・

今までやった根管治療は、全く痛みがなかったので、痛くならないものかと思ってましたが、
この膿疱が巨大すぎて、この膿疱のすぐそばに神経があるからとか・・・?

がんばろぅ・・・

インドアビュー