富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

フロスは使っていますか??

こんにちは!
とみざわ駅前歯科 受付の小野です。
日に日に寒さが増してきましたね。
いよいよ冬本番です、、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、歯と歯の間の清掃器具「デンタルフロス」についてお話ししたいと思います。

みなさん、デンタルフロスは使っていますか?
「糸ようじ」もデンタルフロスの仲間です。
磨いているのに虫歯ができる・・・
口臭が気になる・・・そんな方にこそお勧めしたいのが、デンタルフロスです!

実は、歯ブラシで磨くだけでは歯垢(歯の汚れ)は60%程度しか取れないと言われています。
歯と歯の間に残った歯垢はむし歯や歯周病、口臭の原因となります。
「たまにフロスを使うと臭いがする
」という方は、その臭いがそのまま口臭になっている可能性があります。フロスを正しく使うことで、90%近くの歯垢を取り除くことができます。

ここでおすすめのフロスを紹介したいと思います!!
デンタルフロスには様々な種類があります。
好みや使いやすさで選んでみてください。

①指に巻いて使うタイプ
比較的上級者向けです!
特徴は
* コスパが良い
* 慣れれば使いやすい
* 持ち運びやすい

「ルシェロフロス」ミントワックス付¥326

ワックス付きで歯間に入れやすい。

「eフロス」ミントワックス付¥418

ワックス付きで歯間に入れやすい。

水分で膨らむので歯間が広めの方にもお勧め!
ソフトな使い心地です。

②ホルダー付きタイプ
初心者の方でも使いやすいタイプです。
フロスを使ってみたものの、上手く使えなかったという方もぜひ一度使ってみていただきたいのがこちらです!

特徴は
* 慣れていなくても簡単に使える
* Y字型は奥歯にも使いやすい
* 繰り返し使える
「ウルトラフロス」4本入¥220

フロスを使うタイミングは、歯ブラシの前でも後でもどちらでもOKです!
まだフロスを使う習慣がついていない方は、歯ブラシの前がお勧めです!
歯ブラシで磨き終わるとスッキリして、フロスをする前に満足してしまいがちです。
歯ブラシ前にあらかじめ歯間に詰まった汚れを落とすイメージでフロスを使うことで、自然とフロスを使う習慣が身につきやすくなります。

もしもフロスが引っかかる、フロスが切れるというときはむし歯ができていたり詰め物やかぶせものがあっていないサインかもしれません。
早めに歯科を受診しましょう!

もしも使い方がわからない、自分に合うフロスを知りたいという方はいつでもご相談ください!

インドアビュー