富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

セラミック治療の説明動画

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市太白区とみざわ駅前歯科をいつもご利用いただきありがとうございます。

みなさんは歯の治療で被せ物や詰め物をしないといけない時は何を重要視しますか?私は断然見た目重視なので自然な感じのものを入れたいです。なので保険適用の材料の金属なんて考えられないな・・・と思います。「奥歯ならいいかな?」と思うところもありますが、実は金属を使わない治療は見た目を良くするだけのものではないのです!!

↓相澤先生の歯の豆知識です!金属を使わないセラミック治療について詳しく書いてありますので参考に是非ご覧になって下さい!!

セラミック治療①

セラミック治療②

セラミック治療③

 

金属を使う治療はなぜ良くないのか?

金属を使う治療が見た目以外で何が良くないのか・・・?というと、金属はいずれ劣化して溶けだしてしまいます。そしてこのように歯茎に黒い色がうつったりします。

あと、この絵は前歯に保険で作れる被せ物をして時間が経ったときをイメージして描いた絵なんですが、保険の前歯の被せ物は金属の被せ物の表面にプラスチックを張り付けているものです。金属で歯茎が黒くなったり、表面のプラスチックは水分を吸う性質があるのでいずれ黄ばんできてしまうのです。

また、金属アレルギーになってしまったり、金属が溶けることで隙間があいてしまいばい菌が入って虫歯の再発につながってしまう可能性もあるのです・・・。

奥歯に金属を使うと、噛み合う歯に対してダメージを与えてしまう可能性もあります。金属は硬いので、ガチガチ強く当たってしまうからです。噛み合う歯が虫歯でもない、治療もしていない天然の歯でしたらなおさら良くないでしょう。

ただ、費用は一番安くて硬いので壊れにくい・・というメリットはあるのですけどね(´・ω・`)

セラミックの良い所

保険の金属を使わない治療としてはセラミック治療があります。セラミックでも種類はあるのですが、それもキレイ・変色しない(しにくい)・歯に優しい・適合性が良い・歯に強固にくっつくので虫歯になりにくい・汚れが着きにくい・・・などのメリットがあります。

ですので見た目だけを重要視する方だけではなく、健康を考えるとセラミックはとっても良い材料なんです。

ただセラミックは突発的な衝撃には弱い部分があるので、注意が必要です(>_<)それに保険が適用にならないので、費用はかかります。

それでもセラミック治療で印象は変わると思うので、審美・健康面に気を遣う方はぜひ選択肢の一つとして考えてみて下さい!!

実際にどのような治療なのかドクター・スタッフに協力してもらい説明動画を作ってもらいましたのでご覧になってください!

 

インドアビュー