富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

前歯の差し歯には保険が効かないって本当?

みなさんこんにちは。医療法人社団青葉会の庄子です。仙台市太白区とみざわ駅前歯科をいつもご利用いただきありがとうございます。

 

本日は患者さんからのよくある「かぶせもの、つめもの」の質問についてお答えします。

「前歯の差し歯には保険が効かないって本当?」

前歯が虫歯になってしまい神経を取る処置をした、大きく欠けてしまった、転んで折れた・・などで失った前歯を補うために差し歯をすることがあります。

奥歯の治療は銀歯の被せ物や、詰め物で治した時には保険が適用だったけど、前歯はどうなんだろう?と疑問をいだく方は結構います。

正解は「保険は使えます」

昔は前歯には保険がきかない時期があった為、今でもこのような噂があるようです。

 

・・でも保険が使えるという事は、まさか前歯に銀歯が?!

 

というわけではありません。

 

前歯に使う材料は前装冠といい、保険で使える金属の被せ物の正面の見える所だけに歯と同じような色のプラスチックを貼り付けている被せ物です。

言葉だけではイメージできないと思うので・・こんな感じです。

これであれば、前から見た時はさほど違和感なく差し歯ができますね。でも、注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

保険が効く材料は決められたものしか使えず、満足のいく仕上がりにはならない場合があります。

例えば、欠けた前歯が修復できればいいというゴールであれば保険の差し歯でも十分でしょう。しかし、「天然の歯のように自然で綺麗な前歯に戻したい」という希望は保険の差し歯ではなかなか実現できないです。

なぜなら、表面に張り付けたプラスチックは材質的に水分をよく吸収してしまい日が経つと変色してしまいます。天然のはのような透明感も無いです。

さらに金属を使っているので、被せたところの歯茎が黒くなってしまったり、貼り付けたプラスチックの部分だけ剥がれてしまうというトラブルもあります。

さらに保険の差し歯は汚れが着きやすかったりもするので、虫歯の再発や歯周病を進行させてしまうリスクもあります。

保険以外の材料(例えばセラミックなど)であればそのようなリスクはないですが、保険の差し歯に比べて費用は高くなります。

 

 

経済的な面を考えるのであれば保険を、見た目や健康を考えるのであれば自費を・・・など自分に一番合った治療法はどんな方法なのか担当のドクターとよく相談するのが大事です。

 

 


歯磨きはインフルエンザなどのウイルス感染対策に有効だとご存知でしたか(・∀・)??日頃から丁寧な歯磨きを心がけてウイルスから体を守りましょう!!

歯は全身の健康にも深くかかわっています。歯を出して気兼ねなく笑うことやよく噛んで食事を楽しむことは免疫力アップにもなります。

歯の治療に不安がある方は治療の説明動画を是非ご覧になって下さい!言葉だけでの説明よりも分かりやすいと思います✨

インプラント動画

 

PMTC・ステインオフ動画

 

ホワイトニング動画

 

セラミック治療動画

インドアビュー