富沢駅・仙台市太白区の歯医者|とみざわ駅前歯科

混合歯列

みなさんこんにちは🐗!
仙台市太白区大野田にあるとみざわ駅前歯科、保育士の佐藤です。今回のブログは「混合歯列」についてお伝えしていきます。
◯混合歯列
小学校に入るぐらいから口腔内は乳歯が永久歯に生え変わり、顎骨も成長が著しい変化に富んだ時期を迎えます。この時期に歯列や咬合の問題を早期発見、早期治療すれば、問題を軽減したり、異常の重症化を防いだりすることができます。また軽度だからといって放置すると、将来大きな問題を引き起こす可能性があります。学校の歯科検診における歯列咬合異常の結果を有効に活用して、歯・口の健康だけでなく心身の健康増進との係わり合いについて認識していくことが重要です。

◯混合歯列で注意すること
混合歯列期は永久歯が生えてくる時期であり、歯並び、矯正治療の問題など歯の一生にとって、重要な時期です。
・叢生(そうせい)
歯並びの異常で一番多く、歯並びがでこぼこした状態です。顎の大きさに比べて歯の幅の総和が大きな状態です。特に犬歯が歯列からははみ出している八重歯は、乳臼歯の虫歯、早期の喪失などが主な原因として考えられますが、歯列弓の形態が狭くなってしまう形態になることも原因の一つです。
・空隙歯列弓 (くうげきしれつきゅう)
叢生とは逆に、すき間だらけの状態。通常の乳歯によく見られる生理的な場合と、すき間が大きい歯列異常と考える場合があります。
・上顎前突(じょうがくぜんとつ)
下あごに対して、上のあごや歯が突出した状態で、歯だけが出ている場合と、あごも一緒に出ている場合があります。
・下顎前突(かがくぜんとつ)(反対咬合)
下の前歯が上の前歯よりまえに出た状態を言います。上下の前歯の先端がちょうど合った状態(切端咬合)も反対咬合の一種です。
反対咬合は骨格的に問題がある場合が多く、下あごは身長の伸びとほぼ同じ時期に大きくなるので、思春期成長とともに反対咬合の程度がひどくなることが多いです。
・上下顎前突 (じょうげがくぜんとつ)
歯ならびが良くてきれいに噛んでいても、上下の歯列が前に出てしまっていて、リラックスした状態で口を閉じることが出きません。
・過蓋咬合(かがいこうごう)
前歯の噛み合わせが噛みこみすぎている状態のことを言います。
・開咬(かいこう)
奥歯の数本だけが噛んで前歯が噛めない状態のことを言います。
・交差咬合 (こうさこうごう)
下顎が左右どちらかにずれて噛んでいる場合を言い、臼歯の萌出方向が正しくないためや、片側噛み、頬杖などの不良習癖によって起こります。

歯並びが悪いと、歯ブラシが細かいところまで届きにくくむし歯や歯肉炎・歯周病の原因にもなります。さらに物を噛む咀嚼効率(噛む力)が低下し、消化器系全体の負担が増します。もちろん、顎の骨、筋肉の発達も阻害され、成長発育に影響を及ぼします。また、反対咬合や開咬の場合、サ行やタ行などの発音がしにくくなります。しっかりした噛み合わせが脳に良い刺激を与えることなど咬合と全身との関係が大切になってきます。少しでも気になることがあれば先生なりスタッフに相談してみて下さい!

インドアビュー